Leaf Peeping

久しぶりにカメラを持ってお散歩。



思うところあってしばらく写真から離れていたのだが
これまた思うところあって再開することにした。

あまりにも街が美しいから。
例年より遅い紅葉が、いよいよ真っ盛りなのだ。

で、思い立ったのはいいが、お天気がいまいちだったり、
どうにも時間が取れなかったりで延び延びになっていた。
快晴の金曜日の午後、しかも翌日は大雨という予報に後押しされ
いよいよ出陣。

まずはうちの庭。
住み始めて以来、何千枚も撮った場所。
もう撮っていないスポットはないだろうから
マンネリにならないかしら、と思ったりするのだが
不思議なほどいつも違う顔をしてくれるので
同じような写真になったことはない。

以前住んでいた部屋の正面にある
いちばんお気に入りの木に近づくと
メンテナンスのおじさんAに声をかけられた。
立ち話で、近々10年ぶりに故郷へ帰る話を聞く。
よかったねぇ。
でも先を急ぐので適当に切り上げる。

そしてお目当ての木を愛でる。
広いこのアパートの庭で、このコがいちばんの美人だと思う。
紅葉具合は60%ぐらいかな。
鮮やかなオレンジ~黄色~緑が絶妙に交じり合っている。

庭は短めに切り上げて、大学のキャンパスへ。
なにしろ写真を再開する気になったのはキャンパスのせい。
車で走り去るにはもったいないぐらいキレイなのだ。

普段は止めない手前の駐車場に車を置き
スタジアムの方へ。
このスタジアムは去年の秋に完成し、
昨シーズン末に引退したフットボールの名監督の
名前がついている。
この横を通るたびに、色づいた木々とスタジアムの
“2ショット”を撮っておきたいと思っていたのだ。

道中の見慣れた風景も
やっぱりこの季節の美しさは格別。
キャンパスに住んでいた頃のことを思い出す。
本当はぐるっと一周、森の方へも行きたいところだが、
先を急ぐので適当に切り上げる。

用事を済ませに、車で北上。
車窓から景色を楽しむ。
例年に比べると全体的にボヤッとした感じだが
それでもところどころに
ハッとするほど美しい色を放つヤツがいる。
やるねぇ。

いろいろ片づけて帰宅し、
まだ日没まで時間がありそうだったので湖へ。
ここは夕暮れ時が最高。
ずっと見ていたくなるよ。

私にとって9回目の秋。
おそらく最後の秋。
この街の秋はこれで見納めかな。
いっぱい楽しませてくれて、ありがとね。


【関連記事】
秋 (2013/10/3)
渾然一体 (2010/10/23)
[PR]

by emi_blog | 2014-10-05 13:16 | | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< “無宗教” 「言語コーチング」のセッション >>