スピード感覚

人にはそれぞれ、好みのスピードというのが
ありそうだね。



tak さんが
『体に身に付いていた、不自然なスピード感覚』(参照
という記事で、自転車乗りとクルマ乗りの
スピード感覚の違いを論じていらっしゃる。
長年クルマのスピードに慣れていたので
自転車に乗ったときに「トロい」と感じる、という。

これを読んで、気づいた。
私の身についているスピード感覚は徒歩だ。
自分の歩く速度をベースに、それに比べて速いか遅いかで
スピードを感じ分けている。
私は大股で歩くので、歩きとしては速い方だが
それでも所詮、徒歩は徒歩。

なので自転車は私にとっては速い。
ペダルやや重ぐらいの速度ならよいが
下り坂で加速となるともう怖い。
スキーやジェットコースターは速すぎて怖すぎて
耐えられない。
空飛ぶじゅうたんとか、タイムマシンとか、絶対無理。

車は速度としては確実に速すぎるのだが、幸いフロントガラスで
風がさえぎられているので大丈夫。
どうやら私は前方から体に受ける空気の動きで
速度を測っているらしい。
バイクはほとんど乗ったことがないが、
フルフェイスのヘルメットをかぶって二人乗りの後ろなら
結構大丈夫かも。

世の中には最高制限速度をオーバーする人がたくさんいて、
車やバイク、ボートなどの乗り物にしても、人力で走るにしても
スピードを競うレースの類がたくさんある。
おそらく人間の多くは「速さ」への憧れを持っていて
それを追求することが発展や進歩とされているのだろう。
もっと速く、もっと速く。
速いということに快感を覚えるのだろう。
高速道路で窓から首を出して気持ち良さそうにしてる犬とか、
ヤツらはかなり人間に近いんじゃないかしら。

コミュニケーションにおけるスピードも然り。
話すのも書くのもやり取りも「より速く」に向かっている。
英語教育で言うなら
「日本語と同じ速度(早口)でペラペラしゃべりたい」
「もっと速く読み書きできるようになりたい」
「咄嗟にパッと返したい」
「今すぐ上達したい」
「たったX日でマスター!」とかね。

与えられたモノの速度に応じて
人が自分のスピード感覚を変化させると考えれば、
進歩=高速化という定義のもと、
人が心地よいと感じる速度も上がっていくのは
当然のことなのだろう。

速度を楽しめないどころか、
どちらかというと嫌う傾向がある私のスピード感覚は
特に先進国に住む現代人としては相当ズレている。
私の好むスピードは、tak さんの言葉を借りれば
「トロい」もいいところ。
自転車や車に乗るときは周り(主に後ろ)の迷惑にならないように、
あるいは最低速度制限に引っかからないように、
仕方なく速度を上げて走っているが、
許されるならできるだけゆっくりにしたい。
コミュニケーションもまったく同じで
相手の迷惑にならないように意識的に速度を上げることはするが、
放っておいたら速度はどんどん落ちる。
日本語はネイティブだけど話し方はゆっくり。
読み書きも遅い。

返信などオンライン上の反応がマメだったり、
決まってから実行に移すまでの期間が短いので誤解されやすいが
これは速度を上げようと思っているのではない。
すぐやらないと忘れちゃうから。それだけ。
ちゃっちゃとやって、覚えておかなくてよい状態にさえできれば、
相手からの返事がいつになろうとも一向に構わない。
待つのは平気。

ズレていて困ることもないわけではないが、
日常生活でイライラしたり、早とちりすることがほとんどないのは
速さを求めず、遅さに対応できるおかげだろうと思う。

ありがたいことに、最近は速度を求めないところに
付加価値がつくようになってきている。
遅いことを、贅沢で豊かなことと解釈し
積極的に取り入れる場面も増えてきている。
いよいよ真の“ゆとり世代”が誕生するのかも。

遅さを味わう人が増えたら、やがては私のスピード感覚も
“普通”と呼ばれるようになるかもしれない。
そんな日が来るか、来ないか。
私の寿命で間に合うか。
気長に見守ろう。


【関連記事】
ドラえもん (2008/11/12)
言語教育 (2010/2/20)
命のサイズ (2012/10/10)
ゆとり (2013/3/22)
[PR]

by emi_blog | 2015-02-26 10:10 | その他  

<< 続・スピード感覚 凹んだ日 >>