Paper or Plastic?

日本から"Paper or Plastic?"について
質問が届いた。



「スーパーのレジで
"Paper or Plastic?"って聞かれたら
支払いのことなの?」

???
なんで?

「"Paper"=紙幣 or "Plastic"=クレジットカード」
おぉぉ、なるほど。
ウマイ!

で、座布団をあげようとしたら
「…って、テレビで言ってた」
えぇぇ。

英語ネイティブらしいハーフの英語の先生が
そう説明してたんだってさ。
うーむ。

まぁバラエティ番組だったらしいから
そういうこともあるのかもしれないけどね。
でも、影響力はプロの教育者以上だろうからなぁ。
困るね。

検索をしてみると、今のところネット上に出ている
この放送に関するちゃんとした反応はTwitter 1件程度(参照)。
まぁ、放送しちゃったものはしょうがないけどさ。

ついでにもう少し検索してみると、
2004-5年ごろにはNHKの語学番組で
「"Paper or Plastic?"は支払いのこと」と教えていた、
という情報が見つかった(参照)。
また、1997年ごろには「ガイドブックか何か」にも
そういう記載があったらしい(参照)。
うーん。
昔はそういうこともあったのかもね。

外国で"Paper or Plastic?"と言われた日本人が
勘違いしたまま日本へ持ち帰って広めちゃったか、
たとえばこういう金融系の見出し(参照)で初めて
"Paper or Plastic?"を知った日本人が
後にレジで使われる決まり文句だと知って、
点と点を自己流でつないじゃったのか。
↑で引いた「ガイドブック」の人も、その場では
通じたようになっちゃってたんだもんね。
同じ勘違いをして、その場で発覚した人(参照)は
恥ずかしかっただろうけど、実はそっちの方がラッキー。

ま、でもその頃と違って
今は視聴者がネットに載せて、みんなでよってたかって
訂正できる時代だからね。
「え、そうなの?」と思ったら、検索して情報を集めたり、
アメリカで英語教育の研究をしてる人に聞いたりして、確認する。
そういうアクションをすぐにとることが大事。
それがリテラシーなのだよ。

それにしても、うーん。
日本の英語は本当にアヤシイな。
番組にしろ印刷物にしろ、“先生”を一人雇うと
英語に関しては、その人に丸投げしちゃうんだろうなぁ。

いちおうはっきり書いておこっか。
私の知る限り、スーパーのレジで
"Paper or Plastic?"と聞かれたら、それは袋の素材のこと。
アメリカでもちょっとずつではあるけどエコが進んでおり、
地域によってはレジ袋の有料化も始まっている。
レジ袋にビニール製が加わった1977年(参照)から、
アメリカ人が日常的に耳にしてきた"Paper or Plastic?"は
まもなくその歴史に幕を下ろすかもしれない。

「現金かカードか」の英語は"Cash or charge/credit?"だが、
今どき、スーパーのレジでそれを聞かれることはない。
「XXドルです」と言われたら、お金なりカードなりを差し出すだけ。
大型店なら客が自分でswipe する読み取り機があるので
レジ係がスキャンをしているうちにカードを通しておく。

聞かれるとすればむしろ"Debit or Credit?"でしょう。
カードを手渡した場合には口頭で、読み取り機の場合は画面上で、
Debit(預金からの即時決済)かCredit(支払日までの後払い)か
選択する必要がある。
アメリカで発行されたカードは、Debit・Credit 兼用が多く、
消費者が利用の都度、選べるようになっている。

レジでの支払い方法としては他にCheck(小切手)やクーポン、
ギフトカード、Food Stamp(食料費補助券)などがある。
"Paper or Plastic?"→"Paper"→"Cash or check?"
って、そんなわけないじゃん。

今度レジで"Paper or Plastic?"と言われたら、
「どういう意味?」って聞いてみようかな。
「紙幣かカードかってことさ」と言われたら
座布団をあげてこよう。

で、ここまで読んで、
「へー、そうなんだ」で終わっちゃダメだよ。
個人の知識や経験なんてアテにならないんだから。
ちゃんと自分でウラを取る癖をつけましょう。

【追記 3/3】
書いた後でこんなの見つけちゃった(参照)…うーん。
すぐ訂正されるだろうから放っておくつもりだったんだけど。
ちょっと気の毒な展開。
私はTwitter を利用しないのでこのやりとりに参加できないけど
誰か知らせてあげてほしいなぁ。

【さらに追記 3/6】
ちょっと違う切り口でFB(参照)にも書いておいた。


【関連記事】
Testimonial (2013/4/21)
英語教育リテラシー (2015/2/15)
カタカナ語の進化 (2015/3/1)
[PR]

by emi_blog | 2015-03-03 21:17 | 英語  

<< Optimist 学習者と苦手意識 >>