プラカード

最近、日本では
プラカードをつくるブームが起きているそうな。



デザインするにも、シェアするにも、
プリントするにも、誰でも簡単に使える道具が
たくさんあるからね。

で、まぁそれはいいんだけど。
英語、だよねぇ。

スペルにはかなり敏感なんだと思う。
仮にミスがあっても
世に出るまでの過程で校正されているんだろうと思う。

文法、だよねぇ。
そして、内容、だよねぇ。
その2つについては校正されずに、あるいは見事にパスして
うっかり世に出ちゃってるわけだよね。

私のように英語を文字列として読むタイプの人は
文法的な不思議さに目を奪われてしまって
プラカードの内容が入ってこない。
で、あえて文法を脇へ置き、
強引に内容に目をやってみても
やっぱり何が言いたいのか、よくわからない。

基本的にふわふわっとした感覚的な日本語を
フィーリングでなんとなく英語っぽくしたものが多いから
どうしても、ねぇ。
仲間内では通じてるんだろうけど。

英文法と論理的な主張。
どっちも一朝一夕では、ねぇ。
こういう、イザってときに出ちゃうから
日ごろから練習を積んでおくことが大事なわけよ。

とりあえず背伸びしないで
日本語にしといたらどうかしら。
書いてあることの意味がわかんないんじゃ
プラカードにする意味がわかんないんだからさ。

さすがにこればっかりは
「デザインだからいいんです」
ってことはないだろうと思うけど、どうなんだろ。

がんばれ、ニッポン。


【関連記事】
気になる英語 (2011/12/5)
異国情緒 (2013/5/22)
日本の英語 (2013/6/10)
見えない言語 (2013/7/23)
[PR]

by emi_blog | 2015-08-25 23:50 | 英語 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< How to Survive ... 原点回帰 >>