親切

アメリカの人たちって、親切。



そりゃバイアスはアリアリですよ。
私の日本での活動範囲は
いわゆる気取った大人の多いところばかりで、
一方、アメリカでの活動範囲は
大都会ほど混じりけがなく、
人種的にもSocioeconomic Status的にも
偏りが大きいところばかりだからね。

でも、あえて自由に個人の感想として述べるなら、
アメリカの人たちは親切。

たとえばスーパーに買い物に行く。
アパートを出て、庭でメンテナンスの人とすれ違う。
にっこり、挨拶。
たまには着ているものなどを褒めてくれる。

車をバックで出す。
運転席から後ろを振り返ると、知らないおばちゃんが
「オーライ、オーライ」とやってくれている。

交差点では、みんな道を譲ってくれる。
スーパーでカートを取ろうとすると、
知らないおじさんが代わりに取ってくれる。
売り場では通路ごとに“出会い頭”が発生するが
あっちでもこっちでも譲り合っている。

レジに並んでいると、私の前に会計を済ませたおばあちゃんが
「よかったらこれどうぞ」とクーポン券をくれる。
バーコードが剥がれていた商品を店員が適当にオマケしてくれる。

アパートに帰り、両手に荷物を抱えて戻ってくると
隣の建物から出てきた知らないお兄さんが
「ドア開けてあげるよ」と言って
わざわざうちの建物のドアを押さえに来てくれる。

ほんの数十分のうちに、見ず知らずの人たちに
こんなにいろいろと親切にされる。
そりゃもう、自然とこう言いたくもなるよ。

Happy Thanksgiving!
[PR]

by emi_blog | 2015-11-26 05:02 |  

<< ワークショップ 自己翻訳 >>