オトナ

「私、オトナになったなぁ」と思うとき。



若気が至りまくりの大胆不敵な若者を
ウザがらず、むしろ有望と思えるようになったとき。

教えたがりの大センセイのおっしゃることを
とりあえず黙って聞くことができるようになったとき。

熱くなったりパニックになったりしている人を
落ち着かせることができたとき。

思いついたことを一晩寝かせる、というワザを
使うことができたとき。

“自転車置き場”(参照)を相手にせず、排除もせず、
議論の軸を保って立て直せたとき。

「見てみます」「読んでみます」「やってみます」の類に
期待しなくなったとき。

苦手な付き合いや顔つなぎを、ある程度こなすとき。
(でもまだ加減がわからない。)

「危うきに近寄らず」が、少しはできるようになったとき。
(でもまだ全然足りてない。)

ふむ。
社会人って、こういうことかなと思う。
春菊や塩辛の旨さはまだわかんないけどね。


【関連記事】
日本人の議論 (2015/7/7)
Learning Community (2015/10/11)
オトナの階段 (2013/7/2)
強い人 (2012/2/28)
克服プロジェクト (2012/7/31)
[PR]

by emi_blog | 2016-03-02 08:58 | その他 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 幅 "Till It H... >>