Selfie

パリのS大学との共同シンポジウムにて。



S大学のR教授とうちの師匠の共同企画で
2012年から始まったシンポジウム。
去年は私たちがパリへ招かれたので
今年はS大のみなさんをアメリカへお招きする番。

ってか、あの旅からもう1年経つのね。
しみじみ。
明日の発表を控え、
「今夜はホテルで自主トレと最終調整をする」
と言うS大の学生たちに
「わかるよー、私も去年そうだったから。
でも大丈夫よー」
なーんて、先輩ヅラをしてみる。

ま、それはいいんだけど。

会場に、Dean(学長?)のB教授の姿が。
なんでも、S大のみなさんとの昼食会の流れで
急遽、シンポジウムにも出席されることになったらしい。
もちろん昼食会はもともと予定されていたことだが
Dean のシンポジウム出席は予定外のこと。

B教授がDean就任前に教えていたコースを履修したのは
私のちょっとした自慢。
当時の私はPhDプログラムに入りたてで、
B教授がどんな方かも知らず、たまたまポロッと取ったのだが、
あとで「そのコース取れたんだー!いいなぁ」と
いろんな人に言われた。
実際、素晴らしいコースで、厳しいけど学びが多かったので
「来年とりなよ」とあちこちでオススメしていたのだが
翌年、Dean に就任され、以降B教授がコースを受け持つことは
なくなってしまった。

Dean になられたB教授はそれまでにも増して超多忙で、
うちの学生はほとんどナマで会ったことがない。
だから今日のようなイベントに
B教授が飛び入り参加されたというのは異例中の異例。
いつも独壇場の我が師匠も、今日はちょっとおとなしい。

オープニングの挨拶を師匠がおこない、
続いてB教授登場。
緊張感が漂う。

が、B教授は拍手を待たず、「えー、みなさん…」と話しはじめ、
私を含む聴衆が手をたたこうとしているのに気づき、
「あぁ、拍手ね、どうぞ」とか言って
さっそく場を和ませる。
そして拍手がやむかやまないかのうちに、
写真係がB教授の姿を撮っているのを見て
「私も撮ろうかな」とか言ってポケットからスマホを出し
聴衆の写真を撮りだした。
会場からはクスクス笑いが。

さらに
「Selfieも撮ってみよう。やったことないけど」とか言って、
聴衆に背を向け、スマホを手に腕をいっぱいに伸ばして
自分の後ろに聴衆が入るようにして自撮りを始めた。
「んんー、難しいな。
どうしても私のハゲ頭が大映りになってしまう」
会場、どっかーん。
で、そこからサラッとがっつりアカデミアな話を始める。

緊張、緩和、さらに緩和、からの緊張。
自由自在。
カッコいいなぁ。


【関連記事】
Strike (2015/4/9)
[PR]

by emi_blog | 2016-04-19 08:41 | 学業 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< A killer question 代数 >>