再会

先月地元に戻ってきたSちゃんと再会。
記憶が正しければ4年半ぶりだ。



その間、連絡らしい連絡もほとんどなし。
久しぶりに声を聞いて
あたりまえのように待ち合わせを整えた。

失礼を承知で
戯れにこんな分類をしてみる。

ともだち歴に応じて
ごく最近知り合った新人さん、
10年ぐらいを目安に長いつきあいをしている中堅、
人生まるごと知り合っているベテラン。

数のうえでは新人さん。
一所にあまり長くいられない性質のためか
常に新人さんが加入して
新風を吹き込み可能性を広げてくれる。
なにより頻繁に会えるのがうれしい。

今日会ったSちゃんを含む中堅は
途中まで同じ道程をたどっていただけに
共感できる部分が多く
また、分岐後の経過が興味深い。
多少ブランクがあってもすぐ埋まってしまう。

ベテラン組に至っては
半分家族のようなものなので
かなり甘えさせてもらっている。
いろんな意味でバラエティに富んでいて
共通点がなさすぎておもしろい、
なんて現象が起こりうる。

要するにそれぞれが魅力的で
私はどの友達にも大変にお世話になっている。

Being an only child is a disease in itself.
「ひとりっこはすでにそれだけでひとつの病気である」
と言った心理学者もいた。
かわいそうなもんだ。
もしそうなら、唯一の治療法は友達だと思っている。
[PR]

by emi_blog | 2005-10-26 22:21 | その他  

<< Bowling for Col... 大先輩 >>