初マン喫

名古屋文化にうとい私が
とうとうマンガ喫茶デビュー@マンボー



1時間ほど時間をつぶす必要があり
NANA」にはまっているという
Hちゃんの提案でマンガ喫茶に行くことになった。

私はマンガを読まない。
最後に読んだのは…中学生かなぁ?

ベテランにあたる友達の中には
私がマンガを読まなくなったことに驚く人もいる。

小学生の頃は自宅で“マンガ図書館”館長をやっていた。
数百の蔵書に番号シールを貼って
同級生の貸し出しカードを作って管理していた。

マンガ家にもなりたかった。
投稿歴もある。
で、選外になったのが熱が冷めた原因かもしれない。
最近では、たとえば新聞や雑誌のちょっとしたマンガでも
コマ順が追えないほどのマンガ離れだ。

はじめてのマンガ喫茶。
システムはカラオケボックスみたいだった。
お目当てをみつけたHちゃんを部屋に残し
3階建の店内を探検。

マンガは出版社ごとに分けてあって
雑誌やビデオもある。
マンガを取り替えたり飲み物を取りに行ったりと
常に客がうろうろしている。
あとで聞いたが完全個室形式のこの店は
雰囲気としては独特だそうだ。

何を読んだらよいかもわからないので
「NANA」にしてみた。
この作家の初期の作品を知っているような気もするが
画風がまるで違う。
ちなみにコマはちゃんと追えた。

マンガ大国ニッポンの人として
遅ればせながらの初体験。
1時間はあっという間に過ぎた。
[PR]

by emi_blog | 2005-10-29 23:59 | 趣味  

<< ネコ舌 emi会 >>