個人情報

職業柄この言葉を日常的に口にするが
世の中の“個人情報”に対する意識は
ずいぶんと高まったように感じる。



もちろんその捉え方にバラつきがあって
本当に大事な部分が抜け落ちていたりする一方
やたら疑心暗鬼に走っている人もいるけど
いずれにせよボトムアップがめざましい。

この現象を厭世的に語ることもできるが
他を尊重することにもつながるし
まあ悪い傾向ではないだろう。

先日古い通帳が山ほど出てきた。
いまはなき銀行のものばかり。

昔の通帳はすごい。
まず表紙の名前と口座番号が手書き。
当時は犯罪もさぞかしアナログだったんだろう。

中身もいまどきの通帳に比べて
かなり情報満載。

防衛と不便は表裏一体。
ドアにかける鍵が増え
パスワードなしでは
自分の情報さえ取り出せない。
セキュリティケータイなるものも登場した。

不安を購買意欲にすり替えていく消費社会。
得難きは“安心”という
気持ちの在り方か。
[PR]

by emi_blog | 2005-12-02 23:38 | その他  

<< しゃべるトイレ 石橋 >>