異文化

友人Nを訪ねて浜松へ。



時刻表とタイミングが合わず
JRのローカル列車を利用することに。

世界の車窓から”ってかんじ。
ニッポンの田園風景。
稲が刈り取られた後の田んぼは茶色。
日差しがあたたかく
みかんが生っている。

車や新幹線で通ることはあっても
降り立ったのは初めてだと思う。

「この辺では男の子が生まれたら
凧あげるの、知ってる?」

Nも縁あって
この街に住むことになったよそ者なので
ケーブルテレビで仕入れたネタなのだけど。

その凧をあげるのが浜松まつり
かなり力の入ったイベントらしい。

日系ブラジル人が多く
日本で最初にブラジル銀行出張所ができたのも
浜松だそうだ。

定住志向が強いのは外国人だけではなく
転勤族で来たはずが
一軒の家を構えてしまうことも多いとか。

何かきっと
不思議な魅力があるんだろうなぁ。
[PR]

by emi_blog | 2005-12-26 23:03 | | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< emi会2005 クリスマス >>