初受診

実は到着早々風邪を引いていて
今日は医療センター(Health Center)に行ってきた。



着いた日は長いフライトで疲れてもいたが
悪寒がするので早く寝た。

翌朝から
13時間となりに座っていたアジア系のおばさんと
同じ咳が出る。ノドも痛い。
でも寝込んでる場合じゃないし
ここはアメリカなので
動いて治すことにした。

昼間は気を紛らわせていたが
夕方部屋に帰ってふとんをセットするや否や
体がだる~く感じられた。
アパートをシェアしている他の3人は
まだ誰も帰っていないらしく気配がない。
少し寝ることにした。

2時間ほどして目が覚めたが
あまりよくならない。

水を飲みにキッチンに出ると
隣の部屋のドアが開いていて
アメリカ人のLと「はじめまして」。
パジャマでご挨拶になってしまった。

立ち話もつらかったので
「申し訳ないんだけど、風邪薬もってたら
分けてくれない?」と言ってみた。
Lも先週風邪を引いていたそうで
飲み残しの薬とノド飴をくれた。
ありがたい。
この薬は飲んだら4時間休まなければならないそうで
食事に出かける予定だったが
ベッドに戻ることにした。

5時間後、夜中に起きて軽く食事をとったときは
よくなったような気がしたのだが
朝はまた咳が出た。

一日経って、今朝はさほど悪くなかったが
昨日のオリエンテーションで
医療保険で薬代などが賄えることがわかったので
今日Health Centerに行ってきた。
(カタカナで「ヘルスセンター」だとずいぶん違うね)

ほとんどの学生がまだ戻ってきていないので
待合室も空いている。
予約をしていなかったが少し待っただけで
看護婦による検温と血圧測定。
また待ってB先生に呼ばれた。

↑の経過を話して診察をうけ
単なる風邪に違いないとのことで安心。
この程度なら次回からは診察を受けなくても
自分で書き込む書類が設置してあり
薬局で薬がもらえると教えてくれた。

ついでに予防接種のことも聞き
追加接種やレントゲンはもう必要なさそうで
これもよかった。
[PR]

by emi_blog | 2006-01-21 14:03 | その他  

<< skype 授業登録 >>