積雪

「雪が降る」と「解ける」が
自動セットされていたことに気づいた。



私にとって「雪が降る」は
桜が咲くのと同じような刹那的な現象。
朝起きて外が真っ白でも
昼ごろには茶色くなって
翌朝は水浸しだ。

アルバニーは寒い寒いと聞いていた。
が到着した日は小雨が降っていた。
路肩のところどころに雪が積んであった。

それから3日はおだやかな日が続いた。
タクシー運転手も「こんなに暖かいのは珍しい」
と言っていたし
留学生のオリエンテーションでは
「母国からよい気候を運んできてくれてありがとう」
とも言われた。
にわか雨の後に大きな虹が出た。

月曜日に雪が降った。
暖房のせいでまったく気づかず
朝食を食べながら窓の外を見て驚いた。
ふわふわの雪がどんどん積もっていく。
浮かれて写真を撮っていたら
Rに「とうとう終わったね…」と言われた。
でもまだその日はよかった。
雪が降る日はまださほど寒くはないものだ。

それからずっと晴れている。
雪はしっかり積もっている。
雪って晴れたら解けるんじゃないの?
風が強い。
ものすごく寒い。

特に夜、授業の帰りがひどい。
キャンパスに住んでいるとはいえ
教室からアパートまでは徒歩15分ぐらいかかる。

昨日の帰り道
あまりにも顔が冷たかったので
手袋で覆って息を吹きかけてしまった。
数分後
手袋についた水蒸気が冷えて
指先が凍りそうになった。
あぶない、あぶない。
[PR]

by emi_blog | 2006-01-27 12:14 | | Comments(2)  

Commented by acha at 2006-01-31 00:47 x
やっぱり凍ったか~。(^^)でかける前に慌ててシャワー浴びて、濡れた髪の毛を凍らせた私の某友人のようにならないようにね。
Commented by emi_blog at 2006-01-31 13:26
>acha
…と書いた翌日から暖かくなって芝生が見えるようになりました。
で天気予報によると今週また雪が降るらしいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< Horizons :::pho... 2コめ >>