アイデンティティ

ステレオタイプは苦手ワードだが
アイデンティティは大丈夫らしい。



コミュニケーションの授業は
“民族”のレポート提出をもってひと区切り。
今週からテーマが“アイデンティティ”になった。

さて、「あなたは誰ですか?」

"me, me, me"の国の人は
“信念”とか“意思”とか“感情”を持った「個」だという。
そう来ると思ったよ。

私は他人は語れないのだが
自分はわりと抵抗なく語れる。

「私はある集団の一部です。」
私の考えるアイデンティティは
“他との位置関係”。
「他」をなくして自分のアイデンティティは成立しない。
親がいるから子として存在し
生徒を持って教師になれる。
外国人と出会って日本人を実感する。

これが教授の考えにたまたまヒット。
「アイデンティティは社会的役割にすぎない」。
「だからアイデンティティに感情はない」という意見にうなづいたら
猛反論をくらった。

「他人に自分の存在を決められるなんて考えられない」
「社会的役割は自分の感情に従って選択するもの」
「自由が奪われる」などなど。
アっメリっカじ~ん!!

白紙に自分の家を描いただけでは
地図にならない。
アイデンティティとはそういうことだ。

適切な訳語がないせいか
日本の人はこの地図が描けないと思いこんでいるかもしれない。
私はそうは思わない。
描き慣れていないだけだ。
もちろん“家”に住むのはひとりぼっちでなくていい。

どの家も重なったりするはずがない。
取り合ったりしなくていい。
シワ寄せができるのは
誰かが家を大きく描きすぎるから。
紙が足りなくなっているのにまだ気づかないのだろうか。
[PR]

by emi_blog | 2006-03-01 22:24 | 学業  

<< loser 寒い! >>