73゜問題

アパートの室温を上げたら
カナダ人Cに「暑くない?」と言われた。



設定温度は78(約25℃)。
前の同居人たちともこの温度でやってきた。

「室温は普通70度でしょ」とCは言うが
70℉=約21℃
試しに一日やってみたが
寒くて寒くて。
起きてる間はフリースを着ていたが
足先が冷えて耐えられないので
寝るときはさすがに75℉に上げた。
が、朝には70℉に戻されていた。

これはゆゆしき問題である。

その後2日ほど
たまたま同居人たちと会う機会がなく
私が寒くなって温度を上げ
おそらく暑くなったCが温度を下げて
また寒くなっている…の繰り返し。
このままではかなり感じが悪い。

そういえば日本人のNちゃんは
同居人(アメリカ人)に室温設定を握られ(68℉=20℃)
泣く泣く夏場も自分の部屋でヒーターを入れていた。

というわけで話し合いを持つことにした。
韓国人Eも「寒い」と言っているが
彼女は言い出しにくいだろうから
私がイニシアチブを執るしかない。

夕食後EもいるところにCが出てきたので
話し合いを始めた。
その時の温度は73℉(約23℃)。
Cにとっては暑くないぎりぎりで
それでも窓を開け扇風機を回しているという。
私とEにはまだ肌寒いがこれ以上高いと
「暑くて死んじゃう」と言う。

なので73℉を妥協点として
それ以下には下げないように約束してもらった。
私たちアジア組も長袖を着ればまぁ何とかしのげる。

体感温度というのは
お互い努力しても変えられない部分なので
こうして歩み寄るより他にない。

「同じ人間なのにこんなに違うんだね。
多国籍で暮らすおもしろさのひとつだよね」
という円満解決になったのでよしとせねば。
[PR]

by emi_blog | 2006-06-11 23:08 | その他  

<< "World&quo... カムカム! >>