開運

「開運ってなんですか?」
と聞いてみた。



内宮を解説してもらいながら歩いた。
鳥居って?お札って?お神楽って?
あいかわらずの質問攻め。

そのひとつが“開運”。
どういうことなんだ?

神主であるK₁さんによると
“運”という概念は中国のものだとか。
宿命と違い、運命は変えられるとはよく聞くところ。
で、その“運び”を決めているのはカミサマのようなので
その方に「私の運びを開いてください」とお願いする
…らしい。

え?じゃあもし叶ってうっかり開いちゃったら
なんでも思い通りになるってことですか?
「まぁそういうことだねぇ」とK₁さん。

そんな恐ろしい。
開いたものはいつか閉じるんでしょう?
と言ったら2,3歩後ろにいたK₂さんが
おなかを抱えて笑い出した。
「そんなふうに考える人いないよぉ~」。

そもそも神社というところは
お礼をすることはあっても
お願いをする場所ではないとのこと。
納得。

「カミサマは親みたいなものですから
“おなかがすいた~”と言った時だけ
ごはんをくれるわけではないんです」
という説明が印象的だった。
[PR]

by emi_blog | 2006-06-28 23:20 | その他  

<< 仕事始め 伊勢ツアー:::photo::: >>