誇張

“大げさ傾向”について
思うところ。



たとえばケーキを選ぶ程度でも
「うわ~悩む~」と言う。
“迷って”いるだけなのに。

涙が出ることを“号泣”と言ったり
ちょっとウケると“爆笑”と言ったり。

“超”というのはもはや
古典のようなものだ。
“激…”や“バカ…”という強調表現もある。

なんだろう。
刺激が足りないのだろうか?
何故か“マイ七味”を持ち歩く人を連想させる。

一方で“フツーに”というのは
肯定的に遣われている。
普通とはなんぞや。
[PR]

by emi_blog | 2006-08-21 22:40 | その他 | Comments(2)  

Commented by あやもん。 at 2006-08-29 15:35 x
以前バイトしていた写真館で、『私は感動が少ないから、人間らしくするためにオーバーアクションをしている』と言っていた人がいました。
人それぞれなので肯定も否定もしなかったけど。
10年以上前に言われた言葉ですが、未だに良く理解ができず忘れられません。
この記事を読んでいて、その人を思い出しました…
Commented by emi_blog at 2006-08-29 22:17
>あやもん。
不思議なポリシーだねぇ。
でも『感動=人間らしさ』という着眼点は正しいような気がする。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< タイプ 名古屋ツアー >>