レベル

教育実習(clinic)コース
第1回ミーティング。



私の専攻しているプログラム(TESOL)では
2学期に渡って教育実習を履修しなければならない。

チラシやウェブで生徒を募集し
この地域に住む18歳以上の成人を対象に
英語を教える。
受講料は36時間で$45と破格。

私たち学生にとっては
貴重な実践の場。
あらかじめレッスンプランを提出して承認を受け
TAやクラスメート見学のもと授業を行う。
他の人の授業見学もまた必須。

今日はその顔合わせミーティング。
自己紹介と概要に続いて
担当クラス(上級・中級・初級)を決める。

今日は朝からこれが気になっていて
先学期までに実習を終えた友達に
「どうやってレベルを決めたらいいか」を尋ねていた。
なんといってもどんな生徒が入るのかわからない。
レベル分けテスト(Placement test)にも立ちあうが
それはまだ先の話。

興味があるのは初級(でも教えるのは大変)かなぁ。
幅を広げるには中級(でもピンキリ)かなぁ。
いろいろできるのは上級(でも自分より上かも)かなぁ。

結論が出ていないうちにTAのSから
「端から1,2,3、1,2,3って言ってって」と指示。
私は3。
「1=初級、2=中級、3=上級ね。ハイ分かれて」
えええええ!
決まっちゃったよ。

どのレベルに当たっても不安には違いないんだけど。
でもなぁ。
ま、これも何かの縁なのでしょう。
班長(Master teacher)が友達のAだったのが
せめてもの救い。
[PR]

by emi_blog | 2006-09-13 23:59 | 学業  

<< 秋 CM風 >>