実習-2

実習の記録、その2。



②Compliments
このトピックは本来2コマ目に予定していたのだが
リスニング用の機材(Computer cart)が
時間になっても教室に届かなかったので
急遽差し替えた。

本当の自分のレッスンなら
このくらいのことで動揺したりしないのだが
やっぱり実習は違う。
魔物が棲む。
オブザーバーのH先生にどアタマで
「だからテクノロジーをアテにしててはダメなのよ」と
ちくっと言われてしまった。

気を取り直したつもりだったが
何となく覚束ないまま進行。
飛び入りで(おもしろ半分に)見学に来た
友達のS、A、N、Mたちが
「大丈夫、大丈夫」というサインを送ってくれていたのは
相当テンパっていた証拠だと思う。

以下、大反省の内容。

今日のテーマは“褒める”。
TVショッピングを参考に
電化製品の空箱と説明書を使って
グループで実演販売をする。

思いつく褒め言葉をいくつか出させた後
何日間かのQVC鑑賞の末
ようやく録った“耐熱容器セット”のビデオを使用。
テレビ通販を利用した経験はないようだったが
みんな見たことはあって反応は上々。

実演の部分を見ながら
“褒め言葉”を拾う。
上級だけあってよく聞き取れているが
ステップアップのためにもう一度見て(cf. i+1)
長めの形容詞(faburous, adorable)などもキャッチさせる。

トラブル発生。
"gorgeous"のスペルが思い出せなかった。

いま思い返せばペアでチェックさせている間に
生徒のノートにミススペルがあるのを発見していたし
「“ゴージャス”と聞こえたけど書けない」という声も拾っていた。
準備の段階で予想できていたので
あらかじめ手元のメモにもしっかり書いてあった。

にもかかわらず!
黒板の前に立ったら頭まっしろ。
目が泳いでいてメモからも探せない。
"gor...gorgi...ous??"
なんかヘン、と思ったところで
後ろに座っていたNからツッコミがあった。

ビデオの続きを見る。
今度はセリフそのものではなく
プレゼンターの様子を書き取らせる。

トラブル再発生。
"exaggerated"と板書したところで
H先生に何か言われた。
またスペルミス?!と慌てたのがいけなかった。
H先生が何を指摘しているのか聞き取れない。
なんとなくうやむやな感じで流れてしまった。

後で見学者たちにも尋ねたが
結局なんの指摘だったのかわからずじまい。
発音を訂正されたのではないかと思う。

これまた形容詞をたくさん覚えてほしかったのに
たいして引き出すことができないまま
アクティビティに突入。

このへんからようやく落ち着いてきて
生徒の様子がよく見えるようになった。
あいかわらず活発に話し合い
“必ずグループ全員が話すこと”というルールも守って
的確な役割分担をし
褒め言葉やユーモアをふんだんに取り入れて
次々とすばらしい実演を披露してくれた。

私が頼りないから
がんばってくれたのかな。
ありがたいことです。
[PR]

by emi_blog | 2006-10-10 23:40 | 学業  

<< 実習-3 鳥 >>