不幸

不幸は起きる。
絶対に起きる。



この世の終わりのような気がして
お先真っ暗になることもある。

天の摂理とでも言うか
まったくもって仕方のないことだ。

そこにいるうちは何の手立てもない。
どうしようもない。
そもそも方法があったとしても
それを使うだけの力がない。

ヘンに賢いフリをしたり
傷ついていないフリをして
自分を偽るのはよくない。
不幸が膿んで取り返しがつかなくなる。

余計な理由は要らない。
こてんぱんにやられていればいい。
泣くも叫ぶも自由。
もぬけの殻になっても構わない。

じゅうぶん時間が過ぎて
振り返ることができるようになったとき
不幸だった出来事は
ターニングポイントに変わっているから大丈夫。

不幸を不幸のまま居座らせるのは
あまりにもかなしい。
[PR]

by emi_blog | 2007-01-14 23:55 | その他  

<< 氷雨 接客 >>