カフェイン

“コーヒーなどの
カフェインが入っていないバージョン”について。



いつのことだったか
初めてアメリカでこれを知った時には
「へぇー」と思ったが
最近では日本でも売られるようになってきた。

ところがその名称については
まだ揺れているようにお見受けする。

“ノン・カフェイン”
“カフェインレス”
“カフェインフリー”など。

英語にもあるにはあるようだが
もともと入っているカフェインを“抜く”というより
カフェインを“加えない”というニュアンスが
ちょっと気になる。

一般的に使われているDecafの
直輸入版と思われるのは“デカフェ”。
“デカ”のせいで
どうも特大サイズを連想してしまうのは
私だけだろうか。
音的には“ディキャフ”が近いが
意味が伝わりにくい。

カフェイン抜きの普及に伴って
呼び方もまもなくどれかに落ち着くのだろう。
最近の外来語は元の音の正確さばかりにこだわって
日本語としてすわりが悪くなる傾向がある。
日本人のセンスで
いちばんわかりやすくて
しっくり来るのを選べばいい。
[PR]

by emi_blog | 2007-07-15 13:11 | ことば | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< バネ プチ浦島 >>