フィードバック

悲喜こもごもとは
こういうことを言うんだね。



2日目の今日は
事務の仕事はほんのわずかだった。
というわけで本業の授業見学と
実習生へのフィードバック。

実習後に挨拶しにくる顔を見れば
授業の出来がわかる。
Oは昨日の失敗を挽回して
本領を発揮したようだった。

Eも疲れと緊張がピークで
本人的には満足していないものの
そこは経験でカバー。
ソツなくこなせていた。

心配性のNは初めからガチガチだった。
ネイティブが緊張で早口になってしまうと
さすがの上級クラスでも聞き取りが難しい。
先生と生徒の距離が離れていく。

見学中はできるだけ壁に同化して
透明人間になるようにしているのだが
Nが近くに来たときに
“肩の力を抜いて”とジェスチャーを送った。

しーんとなっていた教室も
ペアワークでいくらか盛り返した。
“うん、うん”と大きくうなづいて見せる。

まとめの答え合わせで
また生徒の頭の上にハテナマークが。
Nがどんどんテンパっていく。
“板書して”のサインを送る。

休憩に入るやいなや
Nはトイレへ駆け込んだ。
見学に来ていた他の実習生も心配そうにしているが
次の見学に行くように促した。
Nは2コマめの授業もある。

途中で偶然通りかかったUが余計なことを言うのを遮り
Nには新しい生徒情報などを伝えて
終わったらオフィスで待ってるからね、とだけ言って
別の授業見学へ移動した。

2コマめが終わって15分ほどしても
Nがオフィスに来ない。
教室を覗くとNがひとり涙をぽろぽろこぼしている。

他愛もない話から始め
Nの反省だらけの感想を聞く。
“先生”という職業の人なら誰でも経験することだ。

話しているうちにNも落ち着いてきた。
「emiは最初に教えた時はどうだった?緊張した?」と聞くので
最初も何も、授業はいまだに毎回大緊張だよ、と答えた。
緊張するのは当たり前。
でも舞台に上がったら迷わず走り出すしかない。
そしたら時間はあっという間に過ぎる。

「emiが教室にいるのも15分ぐらい気づかなかった」というので
じゃあ透明人間作戦は大成功だったな、と言ったら
Nはやっと笑った。

教えるのは好き?と聞いたらNはYesと答えた。
それなら大丈夫。
今日のことはいい思い出になる。
[PR]

by emi_blog | 2007-10-10 23:53 | 仕事  

<< Dilemma 実習初日 >>