教案

スタートから2週はスイスイだったが
今週はとうとうつかまった。



教案の承認とフィードバック。
実習直近の金曜9pmが締切。

元TAのSにも
「最初の週は経験者が当たるから
教案も上手でラクだけど
だんだんしんどくなるわよ」と脅されていた。

まず金曜9pmの時点でVの2件が未着。
Tの2件が未完成。
とりあえず他の完成品から片づけ
VとTにコンタクトを取る。
教案の提出遅れは単位の取得に大きく影響する。

未着分は送信エラーが原因で
本人は送ったつもりでいたらしい。
Vの言い分を信じ、今回は減点を免除。
日曜の早朝に受信するやさっそくチェック開始。

んんんー。
これが噂の“まずい教案”かぁ。
どこから手をつけてよいのやら。

最大の問題点はVが生徒のレベルを
把握していないことだ。
語彙も文法もアクティビティも
初級クラスには高度すぎる。
彼女、4回も見学してるのになぁ。

レベル適正だけに絞って後は目をつぶるとしても
かなり広範囲の修正が必要。
コメントを入れるのにも時間がかかり
今日の勉強予定が大幅に狂ってしまった。

いま思えば土曜日の明け方の時点で
全部見終わっていた先週までの方が奇跡だったのかも。

未着があったのでSが心配して電話をくれた。
Vの教案を一緒に見てもらい
ふたりでうなりながら対策を講じる。

Vに再提出の連絡をする。
午後に修正版が届いたがまだ承認に至らない。
仕方がないので最終手段として
具体例を提示して再々提出を求める。

夜になって再々提出のひとつめが到着。
んんーまぁよしとするか。
Vが「素人で知識も経験もないから
全部やり直しって言われるのも覚悟してる」と
謙虚なのが救いだ。
残る1件は明日までに出してもらう。

一方、未完成だったTの教案も
約束どおり日曜夜に届いた。
んんんんんー。
遅れた分、実習までの時間が少ないというのに
これまた大規模な見直しが必要。

教案をゼロから練るとか
丸ごと直して与えるだけなら
何も難しいことはない。
もっと言えば自分が教える方が簡単だ。

元のアイディアを生かして
私のカラーは極力抑えて
でも学級崩壊にならないように。
将来ある院生のはじめの一歩が
大成功は望めなくても悪夢にならないように。

教案に書き込んだコメントを読み直し書き直し
心を鬼にして再提出を言い渡す。
私の予定はさらに変更を余儀なくされる。
[PR]

by emi_blog | 2007-10-22 01:45 | 仕事  

<< Speechless Fall :::photo::: >>