ハカセ

知らずにおく賢さ、について。



全員が知らないとまずいこともあるので
世の中的には知っている人が少数いると便利。
その便利のために
純粋無垢な人ばかりが犠牲になっていく。

たまたま赤紙が舞い込んで
“御国のために選ばれた”と本気で信じているなら
せめて騙され続けていてほしい。
貧乏クジだということに気づかないでいてほしい。

知ると言ったって
所詮、全部知れるわけじゃない。
「知れば知るほど知らないことが増えていく」ということを
知ってしまうだけ。

わからないことはハカセに聞きに行けばいい。
“へぇボタン”を楽しく連打して
適当に忘れてしまうぐらいが丁度いい。
[PR]

by emi_blog | 2007-11-21 17:38 | その他  

<< 冬の朝 予定表 >>