照明

灯台下暗し。



うちのリビングの天井にはライトがない。

廊下や脱衣所など計4箇所にライトがあって
キッチンなんて天井のほか
シンクの上にもコンロの上にもライトがあるのに。

昼間はブラインドを開けていれば大丈夫だが
この季節、3:30pmにはもうリビングが暗くなる。

元住民Hが置いていってくれたTorchiere(フロアスタンド)は
部屋全体を照らす明かりと読書灯が一体になったもの。
勉強する時は両方つけてもちょっと暗い。
これから冬に向けて、追加のランプを買おうかなと思っていた。

Hから部屋を受け継いだ時
不思議な説明がいくつかあった。

たとえば暖房は「温度調節ができない」と聞いていたが
メンテナンスのおじさんにダイヤルの使い方を教わり解決。
部屋の真ん中あたりにある壁のスイッチは
「これを切ると全体の電気が止まるから常にオンで」と言われたが
実はいちばん近くのコンセントに直結しているスイッチで
私はこのコンセントにスタンドをつないで以来、便利に使っている。

スタンドは高さ2mほど。
Hは裸電球で使っていたが
クローゼットでボウルのような謎の受け皿を発掘し
いかにもスタンドの部品らしかったので取り付けたら
間接照明として使えるようになった。

先日、電球が切れたついでに受け皿を掃除していて
“電球は150W以下の3WAYで”というシールを見つけた。
うちの電球は60W。
そりゃ暗いはずだわね。
いま思えば電球が暗いからHは受け皿を外していたのだろう。

というわけでさっそく150Wの電球を買いに行った。

普通の150Wを手に取りかけて
"3WAY"の文字が目に留まった。
そういえば受け皿にも書いてあったが、どういう意味なんだろう?
"50-100-150"とある。

は!

Hにライトの点け方を教わった時、棒型スイッチを
「点けるには2回、消すには1回ひねる」と言われた。
壁のスイッチで入/切するようになってから触っていなかったが
3段階切り替えを“入→切→切”と思っていたのかもしれない。

試しに"50-100-150"を取り付け棒型スイッチをひねる。
パッ。パパッ。パパパッ。
ちゃんと"3WAY"で明るさが変わる。
しかも、当たり前だけど、とても明るい。
やるじゃん、このスタンド!とうれしくなった。

ちょっとおとぼけキャラのHに見せたいなぁ。
きっと目を丸くして感動してくれる。
[PR]

by emi_blog | 2007-11-23 23:12 | その他  

<< 下ごしらえ 冬の朝 >>