転職活動

いろんないろんなことがあって
転職先を探すことにした。



英語の先生を指導するという貴重な経験とか
ESLの生徒さんとのつながりとか
全員が仕事をもらえるわけじゃないとか
本当にありがたいことはわかるけど
“その他”が大きくなりすぎた。

学部の事務を取り仕切っているRによると
助手の契約は基本的に毎年自動継続。
学生は卒業などで学校を去るまで
ずっと同じポジションにいるそうだ。

…。
早めに聞いておいてよかった。

学内の求人サイトは去年の情報のまま
更新されていない。
問い合わせてみると
学校全体として情報をまとめるのは時期的にもっと後で
学生は個別に興味のある学部に直接交渉するのだそうだ。

各学部に与えられた予算を元に
必要な人員を割り出して
(たいていはその学部の)学生に分配する。
ウチの学部などは「予算余ってんの?」と思うくらいだけど
他はそうでもないらしい。

となるとかなり数が限られる。
学部外の部署も当たってみよう。

当たって砕けて仕事にあぶれた場合
授業料免除やわずかなお給料がなくなるが
お金の問題ではない。
それより履修クラスがひとつ増えるのが重い。

ま、それもこれも“来年”があれば、の話だけど。
[PR]

by emi_blog | 2008-02-19 22:13 | 仕事  

<< 英会話デビュー ウラオモテ >>