Convention -2

瓢箪から駒。
早起きは三文の徳。



日付が変わってから寝て
気合で起きて
朝7:30のセッションに出席。

テーマはソビエト人V
現場の先生向きじゃないせいか
朝早いためか空席が目立つ。

開始予定時刻になっても
発表者が現れない。
一人、また一人と部屋を出て行く。

しばらくして関係者っぽい人が
「キャンセルの連絡は受けていませんが
時間がもったいないので他のセッションへの移動を
お勧めします」と言いに来た。
さらにオーディエンスが減る。

でももうちょっと待ちたい。
このために早起きしたんだし
ファイナルに向けてアイディアを生み出す
きっかけになりそうな気がするんだもの。

部屋に残ったのはたった7人。
誰からともなく「我々だけでディスカッションしましょうか」
ということになった。

フタを開けてみれば
①PhD学生3人:D・Y・emi=研究つながり
②ESLの先生指導者4人:D・J・N・emi=教育実習つながり
③日本人3人:Y・S・emi+
T大で2年英語を教えていたアメリカ人1人:D=日本つながり
…と、共通点だらけ。
まぁこのテーマで早朝から集まって
さらに発表者不在でも残るぐらいだから
興味が近いのは間違いない。

授業でするディスカッションと違いとてもカジュアル。
しかも普段は専門の違う人と教育全般を語るけど
“英語教育”だけに焦点を絞って
Vを議論するのはとても新鮮だった。

あっという間に時間が過ぎ
次のセッションの人たちが入ってきたので
名刺交換をしてお開きとなった。
[PR]

by emi_blog | 2008-04-05 08:30 | その他 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< Second Wind Convention -1 >>