カセツ

Hypothesisって
よくわかる日本語だと何?



Proposal (研究計画書?)の中に
「Hypothesisがない」と指摘された。
そんな大層なもの、私が書くものの中に
あるわけないじゃん。

日本語で考えたことがなかったけど
私の理解では
「学者さんとかの賢い人が
実験前に結果を予測して
“こうなりそうじゃね?”と発表すること。
当たったり外れたりするけどそれはどっちでもいい」
というような定義だった。

和訳は“仮説”というらしい。
なんじゃそら。
広辞苑を引いてみる。
仮説【か-せつ】
〔哲〕(hypothesis)自然科学その他で、一定の現象を
統一的に説明しうるように設けた仮定。
…はぁ。
ここから理論的に導きだした結果が
観察・計算・実験などで検証されると、
仮説の域を脱して一定の限界内で
妥当する真理となる。
…難しい。
かえってややこしくなってしまったが
“こうなりそうじゃね?”は案外遠くなさそうだ。

ただ、だよ。
それを私なんかが作っていいの?

K教授は「何を言い出すんだ?」というリアクションだった。
「私、学者でもなんでもないですよ?」
「何の根拠もないですよ?」
「勝手に思っているだけかもですよ?」
「明らかに間違っているかもですよ?」
「もしくは周知の事実かもですよ?」
と、珍しくしつこく確認した。

「リンゴが落ちることだって周知の事実だったけれど
誰も証明できていなかっただろう?」
ふむ。

でも。
「思っただけで“仮説”とか言っちゃっていいんですか?」
「なんとなく、だけで?」
「見たかんじ、とかで?」

…いいんだそうだ。

そこまで言われては仕方ないので
“マイ・カセツ”をいくつか立てた。
"Expectation (予想)"ぐらいだったら耐えられるけど
"Hypothesis"だなんて
なんとも偉そうで居心地が悪い。

論文の批評もそうだけど
「何様だよ」と自分にツッコミながらじゃないと
おこがましくて書けない。

オトナ語アカデミック版てとこかな。
数をこなすと慣れてしまうのだろうか。
それもイヤだな。
[PR]

by emi_blog | 2008-04-20 23:54 | 研究 | Comments(2)  

Commented by acha at 2008-04-22 23:31 x
貴重な時間と資源を使って研究を進めていくんだから、AとBはなんか関係ありそうだ、とか、ちょっとあたりをつけていくじゃない?論文読む方だって、この人何しようとしたわけ?ってはっきり書いておいてくれないと筋が見えないし。それを「仮説」って呼ぶんだと思う。
「予想」はそれまでだけど、「仮説」には理屈やデータが後からついてくるイメージが。
言ってることはたいしたことなくても、たいそうな言葉を使うんだよね、この業界は。ふつうの研究者は小さいことを積み重ねてるんだと思う。地道に・・・。THE仮説が立てられるようになったら、emiちゃんも大学者だ!29歳でデビューしたチョムスキーみたいに?
Commented by emi_blog at 2008-04-23 13:06
>acha
あいかわらず私のhypothesis外の切り口で来るねぇ(笑)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< リス あと3週 >>