期末試験

この授業で習ったことは
"Diversity"と"Change"かな。



中間・期末試験はそれぞれ
そこまでに授業のために読んだ
約20本の論文が出題範囲。

おもしろいのはその解答方法。

まず試験に先立ち
学生が自分で担当の論文を選ぶ。
選んだ論文の内容を1~4ページまでの
Graphic Organizerという
図・絵・表などにまとめて提出&試験当日持参する。

中間では異なる論文の担当者が4人一組になった
(グループは当日発表される)。
試験の第1部は沈黙のまま
自分の作品以外の3点を元に
3つの論文の内容について書き出す。
続いて第2部ではそれぞれが自分の作品のプレゼンをし
質疑応答。
それを元にさらに思い出したことを書き出す。
第3部ではグループでGraphic Organizerの
評価基準をディスカッション。
第4部は自分の作品の制作過程を振り返り記述。

今日の期末もOrganizerを持参するところまでは同じ。
試験の運営は
第1部で同じまたは似た内容の論文担当が4人一組になり
「なぜそうしたか」を質疑応答。
第2部ではそれぞれのグループからひとりずつが集まり
(ちなみにこれは"Jigsaw"というグループ分けテクニック)
異なる論文の担当者8人が一組になり
「なぜそれを選んだか」などを質疑応答。

同じ論文を読んでも捉え方はいろいろ。
たとえば私の選んだ論文は
私には“人間”の話にしか見えなかったので
Organizerも人間を大きく表現した。
同じ論文を選んだRは“構造”に注目し
神殿のような建物で表現した。
また、アートの専門家Sは「パソコン音痴だから」と
積み木を作ってきた。
脳が2Dの私には絶対に真似できない作品だ。

PやHが選んだ論文は
私にはイメージが沸かず
真っ先に選択肢から外したものだった。

自然な流れで
中間の時に用意した作品と
今回の作品でどう変わったか、
どこが変わらないかについても話し合った。

みんな違う。
変化する。
私たちも、私たちが会う人たちも。

ディスカッションを巡回していたK教授は
いつものようににっこりして
大きくうなづいた。

いいクラスだった。
[PR]

by emi_blog | 2008-05-08 20:41 | 学業 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 賞味期限 最終日 >>