Incomplete

"Incomplete(インコンプリート:保留)"
という制度について。



ペーパーなどの提出物が
締切に間に合わないとき
そのままではF(単位取得失敗)になってしまうので
成績をつけずにしばらく待ってもらうこと。

修士の間はその存在自体も知らなかった。
んー、というか
締切がゆるいのはうすうす感づいていたけど
あくまで教授と学生の個人的な交渉かな
ぐらいに思っていた。

修士を卒業した夏
ある人が“耳寄り情報”的にそのシステムを教えてくれ
どうやら思ったより公式なことだと知った。

ここ1年、本当に頻繁にこの話題に出くわす。
学期初めにもらうシラバスに
「私はIncompleteには応じません」と書いている教授もいたが
結局はそのクラスでも
Incompleteにしてもらったクラスメートがいた。

今日はPhDのクラスメート5人でランチをしたが
他の人たちはまだペーパーを抱えていて
「えー?終わったの?全部?」と聞かれた。

締切を過ぎてどれくらいの期間が与えられるのか
減点などの措置があるのかどうかなど
詳しくは知らない。
私には向かないシステムだし
知らない方がいい気がするので
聞かないようにしている。

教育をする側から見れば
多少の猶予を与えて学生が満足の行く結果を残せるなら
協力しない理由はないのだろう。

同じように卒業に関しても
何年かかろうが、学生が必要とする時間を
たっぷり与えればよい、という考えがある。
画一的な期限やルールで学生の可能性を絶つのが
教育上の目的に反するのはわかる。

学ぶ側も同じ気持ちならいいのだけど。

私は麻薬みたいなもんだと思っている。
ギリギリの状態の時に目の前に現れる甘い誘い。
一回手を出すと戻れない。

これを奨励するのも
教育上の目的に反するのではないのかな。
[PR]

by emi_blog | 2008-05-15 16:35 | 学業  

<< 手土産 ブーム >>