合格点

たとえば100点満点で
80点以上で合格するとして。



80点と100点に違いはある?
100点以上を目指す意味はある?
79点以下で満足することはある?
価値ある0点、はあり得る?

その答えによっては
点数制そのものが疑問になる。
理想vs現実、長期vs短期、表面vs本質、
絶対評価と相対評価など
いろんな言い方があるけど
要は好みの問題なのかもしれない。

究極を求める職人気質は気高いし美しいけれど
心や体を壊すおそれがある。
自己満足はほどほどに。

ところで世の中には
“79点以下を取らないようにがんばる”タイプがいるらしい。
私はこれを“合格目指してがんばる”とは区別して考えている。
たとえば実力が77点だったときに
3点というゲタを履かせることについてどう捉えるかが違うからだ。

“目を背けずに自分と向き合う訓練をする”
“人を思いやる気持ちを持つ”
“クオリティを上げる”、“競争に勝ち続ける”など
目標はそれぞれで構わない。

合格点を設定することは有効か否か。
合格する必要があるか否か。
何を合格とみなすか。
[PR]

by emi_blog | 2008-07-03 17:04 | その他  

<< 絶滅 バス >>