Deadline

あの生活に連れ戻されるまで
あとひと月を切った。



ずいぶん先だったはずの予定が次々に
淡々と片づいていく。
何ひとつ待ってはくれない。

私が私でさえなかったら
「きっと大丈夫」と本気で思えるのもわかる。
期待と愛情を持って送り出すことだろう。

上空から捉えた私は
確かにある流れに乗っているらしく
どうやら逆らうのは得策ではなさそうな気配。

であれば
どうにもこうにも致し方ないじゃん。

私が尊敬するあるアスリートは
誰よりも早く自身の微かな故障を察知し
その精密な自己管理能力には医者も驚いたという。

航空写真で見過ごされていた活断層が
震災を起こすこともある。

正解があるとしても
今が過去になるまでわからない。
そして不正解ほど再利用の価値が高い。

さて
どうしたものか。
[PR]

by emi_blog | 2008-07-15 23:07 | その他 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 苦手 トレイ >>