バーチャル

オリンピックの開会式を見て
多様性を思う人がいる。



よく日本で美容師さんに
「アメリカではどんな髪型が流行ってますか?」
と聞かれる。
髪の色や質がほぼ均一の国では
ひとたびブームとなれば
縮毛矯正なんて荒っぽい方法でも
全国を席巻することが夢ではないのだ。

たとえばそういう国に育った人は
肌の色や顔立ちや言語や衣装や
とにかくいろんなことが
「さまざまなんだなぁ」と気づきやすい。
そうして“世界”を知る機会を得る。

では逆に民族や宗教や文化が混在して
“さまざま”が日常な国ではどうだろう。

近所に縮図があるんだから
わざわざリアル“世界”に出て行く必要なんてない。
毎日“世界”を見てるんだから
もう何もかもぜーんぶわかってますよ。

本当に、そう?
[PR]

by emi_blog | 2008-08-09 23:19 | その他  

<< 夢想 お与え >>