光明

そうかそうか。
なるほど。



留学生でもアメリカ人でも
「いやぁ毎日毎日楽しくって」
なんて言ってる学生いないもんな。

すでに学位を取得した人でも
PhD2年目と聞いて
「うらやましいなぁ」とか
「そんな頃に戻りたいよ」とか
絶対言わないもんな。

やりたいことをやらせてもらっているとか
勉強は辛いことばかりじゃないとか
恵まれていることは重々承知の上で
心底ありがたいと感謝もするけど
やっぱりしんどいもんな。

後々いい思い出になるとしても
「でも、もう二度とやりたくない」ときっと思うんだろうな。

"There’s a light at the end of the dissertation tunnel."
この意味がわかるようになっただけでも
大きくなったと思おう。
[PR]

by emi_blog | 2008-09-04 15:38 | 研究 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< りんご ゴマすり >>