流派

DeductiveとInductiveについて。



ものすごく大雑把にいうと
Deductiveとは①結論→②プロセス。
Inductiveは①プロセス→②結論。

日本語ではエンエキとかキノウとかいって
とても難しくて意味がさっぱりわからない。
deduce(推測する)・induce(もたらす)は
一般的にも使われる言葉なのに。

たとえば子どもの成績を上げたいとする。
Aの教授法よりBの教授法の方が効果がありそうなので
クラスを2つに分けて試したら
Aを受けた生徒のテスト平均が30点上がった。
やっぱりAの方がBより効果的だ。
これ、Deductive(演繹法)。

成績の良い生徒とその親を対象に
アンケートやインタビューを行ったところ
家庭で親がまめに声をかけていることがわかった。
子どもをやる気にする鍵は親のケアだ。
ってなかんじだとInductive(帰納法)。
ま、実際はそんな単純な話でもないけど。

どちらの手法にも一長一短がある。
そもそも設定にツッコミどころがいっぱいあって
そのうえデータ分析や解釈のしかたは
研究者の数だけ存在する。
要するに完全無欠の研究というのはありえない。

人間がやることなんてそんなもんだ。

ところでこれ、人の生き方にも適用できると思う。
夢とか目標を持って達成しながら進んでいく人は
Deductive。
何が起きるかわからない、出たとこ勝負で行く人は
Inductive。

どっちにしたって一長一短。
完璧には程遠い。
人間なんてそんなもんだ。
[PR]

by emi_blog | 2008-09-07 19:50 | 研究 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 習いたて 陽気 >>