意味

寝ても覚めても
ことばの意味ばっかり考えている。



留学前~初期の頃
「この環境が日本にあったら」と
100万回ぐらい思った。
読み物が日本語で書かれ
同じ教授とクラスメートが日本にいて
授業が近所で行われていたら
こんなところに来なくて済んだのに、と。

日本から出たくない気持ちは
少しも変わらないけど
学問に関してだけは
日本語じゃなくてよかったかも、と
ちょっと思うようになってきた。

私の英語はあいかわらず上達しないけど
「わかったつもりで通りすぎてきた道を
引き返して立ち止まり
本当に意味がわかっているのか確かめる」という作業に
英語力そのものはあまり関係がなさそうだ。

私はガイジン+言語が専門。
ことばの意味を探求するのに抵抗がない。
というか、そもそも外国語である英語において
「わかったつもり」がほとんどない。
もともと自分の知っている意味なんて
量的にもほんのわずかだし
間違えて覚えている可能性は高い。
全部ぶっ壊すことになっても惜しくも何ともない。
貸衣装を取り替える、ぐらいの気楽さ。

これが日本語だったらさすがに躊躇してしまうかも。
愛情があるぶん疑ったり手放したりが辛いだろう。
「わかったつもり」がどんどん掘り起こされるから
耐えかねてプライド?も顔を出すかな。

日本語は大事にしたいので
自分のボキャブラリーの管理や新規採用には慎重。
複数の辞書をしょっちゅう使うし
あちこちで用例を調べるのもクセになっている。
正誤とかいうものには興味がないので
解釈が曲がっているのは一向に構わないが
未消化のままでは怖くて遣えないし
嫌いなものはなるべく入れたくない。
人事課みたいなものだ。

日本語を商売道具にしようとしていた時期もあったけど
早めに足を洗ったのは正解だったと思う。
[PR]

by emi_blog | 2008-09-15 22:11 | ことば  

<< 敬語 原点回帰 >>