Assumption

“はず”をもうちょっと考える。



どうやら同一文化内のコミュニケーションは
かなり複雑なようだ。

「じゃあ異文化はもっと大変だ」と思うのも
無理はない。

“文化”をどう定義するかはちょっと置いといて
わっかりやすい異文化を想定してみる。
たとえば言語が異なる場合。
ことばが通じなかったら
コミュニケーションはどうなる?

人間関係とコミュニケーションを考えたとき
キーワードは“はず”だった。

言語を共有しない相手に期待する“はず”は
同一言語を話す相手に対する“はず”より少ない。
それどころか“はずない”が幅を利かせることも。

これはコミュニケーション上
かなり好都合なのではないか。

“はず”に頼らず
さらに言語もアテにできないとなれば
自然とコミュニケーションは注意深く慎重に行われる。
同一文化内ではテレパシーが働いてもさほど驚かないくせに
異文化間ではズレが生じて当たり前。
だからうまく意図が伝わった時の喜びが大きい。
“はず”が崩れて喜びにつながるのは
同一文化内ではちょっと考えにくい。

外国語習得に楽しさがあるとすれば
こうした“前提が変化した瞬間”に関係がありそうだ。
事態が変化(好転)したのは
自分が勝手に用意した“はずない”が棄却されたためで
実は言語能力的には何も変わっていないかもしれない。
“はず”に影響を与えた要素は他にもあるのに
なぜか言語がすべての手柄を独り占めしてしまうことが多い。
語学力だけが変化した(伸びた)ように錯覚するのだ。
ちなみにこの錯覚を利用しない手はないので
学習者は積極的にどんどん騙された方がいいと私は思っている。

もちろん付き合いが長く深くなれば
“はず”が現れてくるのは異文化間でも同じで
親密度を反映する“はず”である。
こうなるともう異文化かどうかはどうでもいい。
いざこざが起きた時「やっぱりガイジンだからな」と言ってみても
本当は原因が別にあるのを知っている。

ついでにこの頃には言語でのコミュニケーションも
そこそこできるようになっている。
卵が先かヒヨコが先か?
ともかく“はず”の存在は重要だ。

ガイジンや新天地が快適なタイプの人は
ひょっとしたら“はず”を強く意識しているのかも。
異文化での“はず”は少ない上に覆しやすいので
同一文化内で煩わしさを感じやすい人には都合がいい。

「私は人に期待しない」とかさみしいことを言う人もいるが
“はず”で痛い目に遭ったのだとすると気の毒だ。
確かに距離を置いて“はず”を最小限に留めておくと
がっかりすることやケンカは減る。
一方、親しみを感じるごとに“はず”は増えていき
コミュニケーションをする以上
“はず”を確認し合わないようにするのは
不自然でとても難しい。
“はず”抜きでコミュニケーションが許されるのは
異文化+出会い頭のような特殊なケースに限られる。
となるとコミュニケーションを絶つという選択肢が浮かぶが
これは解決策としてあまり望ましくない。

ずっと私に付きまとっているステレオタイプの謎も
“はず”をヒントに説明がつきそうな気がするのだが
これはまだ考え中。
[PR]

by emi_blog | 2008-09-26 14:08 | ことば | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 占い師 距離感 >>