試験

試験三昧。
こんな学期あり得るんだねぇ。



4クラスも取っているのに
今学期は大きいペーパーが1本もない。

何度も言うように
日本語での専門用語を知らないのだが
Paperとは中間や期末に出す15-30ページ程度のもの。
修士以下の卒論に当たるのをThesisと呼んで
たぶんもうちょっと長い。
ちなみに博士では卒論をDissertationと呼び
規模としては数百ページ。
…たぶん。

コミュニケーションのクラスでは
Response Paperというのを毎週提出しているが
これは課題論文の趣旨と感想と質問を混ぜたようなもの。
Independent Studyでは
月イチで2-3枚のSummary(要約)を書く。
今学期の書き物としてはこれだけ。

再来週は教室のディスカッションをリードする番なので
その準備をしているがこれは教案に近い。

統計学(Statistics)と教育のリサーチのクラスは
ディスカッションがオンラインなので
まぁ書いているといえば書いているし
調べ物もそこそこあるのだけど
ペーパーとは質量ともに全ッ然違う。

あの部屋中に本や論文のコピーが広がって
あっちこっちバタバタしながら
ア゛―――!!!ってなりそうになりながら
それでいて脳が異常に活性されている感覚は
今学期は味わわなくてよさそう。

が。
ということは当然、代わりがあるわけで。
試験×7。うーげー。

統計とコミュニケーションの試験が交互にやってくる。
先月のCom第1弾は結構さらっと行けた。
明日Stats第1弾。
日曜に試験って。社会人かよ。

というわけで今日は
電話帳みたいな分厚い教科書を250ページほど
復習しまくっている。

これはこれでア゛―――!!!ってなりそうになる。
[PR]

by emi_blog | 2008-10-11 16:12 | 学業  

<< 苦労 発見 >>