刹那

たとえばあなたが
ある部屋に入ったとしよう。



先客がいる。遅かったのだ。
他の人たちはとっくに話し始めていて
あなたが入ってきたときには
もう皆がずいぶんと熱く語っている。
あんまり熱が入っているので話は途切れないし
誰もあなたに内容を教える余裕がない。

実は遅れてきたのはあなただけではない。
今ここにいる者は皆、話の途中で入ってきた。
だからこれまでの話の流れを最初から
すべて説明することは誰にもできないのだ。

とりあえずじっと聞く。
しばらくすると話の方向が見えてくる。
口を出してみる。
誰かが答える。
それに応じる。
あなたを援護する者がいる。
あなたを攻撃する者がいる。
反対勢力が現れる。
吉と出るか凶と出るかは
あなたがどんな支持者を得るかにかかっている。

ともあれ話は果てしなく続く。

ずいぶんと時間が経って
あなたはもう行かなくてはいけない。

そしてあなたは去る。
あいかわらず話は続いたまま。

出典:Burke, K. (1957). The philosophy of literary form. New York: Vintage.

“話”って何だと思う?
歴史、文化、伝統、知識、技術…?
“部屋”とはどこのことだろう?

脈脈と続く“話”にたった一瞬だけ加わる。
聞いてわかる内容はほんのわずか。
まして残せるものなんてたかが知れている。
[PR]

by emi_blog | 2008-10-15 17:24 | 研究 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 夢 Dichotomy >>