読みながら寝ちゃってた、
ってことが多すぎる。



ペンを持ったまま
ページに指をはさんだまま
目が覚めると顔の横にファイルが。

こっちは時間がないんだからさ。
寝てる場合じゃないでしょ。
頼むよ。

今朝はZ教授の論文を読んでいた。
最近はお会いしていないが
去年はオフィスが隣同士だったので
週に1度は挨拶を交わしていた。
物腰のやわらかい穏やかな方で
訪れる学生にいつも丁寧に接しているのが
印象的だった。

とはいえ授業を取ったこともないし
どんな研究をしているのか知らなかった。
子煩悩な良いパパってことなんかは
知ってるのにねぇ。

そんなことを思いながら
ベッドの上で論文を読み始めた。
カナダの小学校での3年間に渡る
オンラインディスカッションの記録と分析。

Z教授がスライドを使って
にこやかに説明している。
私が質問すると丁寧に答えてくれる。
なるほど、よくわかりました、とお礼を言う。

は。
…寝てた。

ひょっとして新しい才能が開花して
読みかけの論文の続きを夢で見られるという
超画期的な新機能が搭載されたかと思ったけど
肝心なスライドの内容が記憶にない。
確かに何かプレゼンしてたのにぃ。

しょうがないので自力で読んだ。
[PR]

by emi_blog | 2008-10-16 06:45 | 学業  

<< 子役 刹那 >>