Truths

選挙が近い、ということもあって。



最終的にどっちかを選ぶわけだけど
どうにも選びようがなかったら
『馴染み』とか『タイプ』とか
「えぇ?結局そこ?」っていう基準になっちゃっても
しょうがないと思う。

たまに『どちらが正しいか』で選ぼうとする人がいるけど
どっちも正しいっちゃあ正しいんだから。
Different versions of truths
この複数形-s大事。テストに出すよ。

対立する意見を不完全に理解して選ぶんだから
せいぜい『部分的に反対だけど総合で好きな方』に
投票するんでしょうよ。
パキッと決心しちゃう方が不自然。

一神教に違和感を覚えることが多い日本人は
むしろこれが得意だと思うんだよな。
「そうは言ってもこれ以外もアリ」
という概念をベースにしておけば
ルールはあくまでも便宜上のものと割り切れて
比較的すんなり従えるのではないかと思う。

この国では構造が逆だから
それはそれは大変なことだ。
マルかバツかが予め決まっていて
マルに合わせてルールを作らなければならない。
「あっちもマルだけどこっちもマルだよ」では
混乱するばかりでちっともまとまらない。

どっちもアリだっていうことは
現代人ならなんとなく感じているはずだけど
そういう事情があるから
なかなか認めにくいんだろうなぁ。
で、通称“多民族国家”のくせに
意外と頭のカタイことになってしまう。
ついでに選ばれた方まで
「全面的に完全に全員に支持された」と
勘違いしちゃったりする。

ところで複数形-sはshの後では-esとなるので
Englishes。これもテストに出すよ。
[PR]

by emi_blog | 2008-10-18 13:59 | その他 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 平穏 子役 >>