英語耳

ついでなので“英語耳”について
もうちょっと。



英語英会話ビジネスの流行を
いちいちマジメに追いかける趣味はないが
袖すりあうも他生の縁というしね。

①英語にあって日本語にない音がたくさんある
②人は耳で聞いた音しか発音できない
③発音できるとリスニングできる
④発音できないと聞き取れない
⑤逆にいうと発音できれば聞き取れる
⑥つまり聞き取れれば発音できる
⑦だから耳を鍛えるのがよい

なになになに?
ゆっくり行こう。
難しいこと抜きでよくわかるように話そう。

まず①英語にあって日本語にない音がたくさんある
そりゃそうだろうねぇ。
『ライト』って言っても右だったり光だったりするんでしょ?
ごはんを頼んだのに変な虫が出てきちゃうんでしょ?
ガイジンさんの日本語も
みんながみんな完璧じゃないところを見ると
英語の方が音が“たくさん”あるかどうか、
つまり、日本語の音の方が“少ない”かどうかはわからないけど
違いがあるってことは確かだろうねぇ。

②人は耳で聞いた音しか発音できない
そう言われてみればそうだ。
聞いたことない音を出せって言われてもできないよね。
どんな場面でそんなこと言われるかは知らないけど。

③発音できるとリスニングできる
今度は“受信”と“発信”の量の違いの話だね?
漢字なんかでも“読めるけど書けない”って
結構あるもんねぇ。
書けりゃあ読めるんだけどさ。
聞ける量の何%を発音できるかはわからないけど
発音できる分には聞けるだろうねぇ。

ふむ、わかるよ。

④発音できないと聞き取れない
へ?そうなの?
アメリカなんかだと移民の子どもは
親よりアメリカ人らしくしゃべるんだよね。
親は子どもと同じようには発音できなくても
ちゃんと聞けてるみたいだよ。
発音はイマイチでも英語で生活できている人は
たくさんいると思うけど。
*注:『英語耳』(アスキー)では「そういう人は集中しているときしか聞けていない」と説明(p.17)

⑤逆にいうと発音できれば聞き取れる
これ、さっきの③に戻っただけだよね。
“逆に”って?
こんがらがってきたぞ。

⑥つまり聞き取れれば発音できる
読めて書けない漢字は、ある、んだったよね?
聞けても発音できるとは限らない、んじゃなかった?
んんん?

⑦だから耳を鍛えるのがよい
急に“だから”って言われても…。
まだ⑥までちゃんと納得してないのに。


何度も言っているが日本の英語産業は
教育っぽく見せる悪いクセがある。
商売として成功し儲けることは構わないが
教育の笠を着ると話がややこしくなる。

“英語耳”の素晴らしいところは
消費者を惹きつけるインパクトのあるネーミング。
“駅前留学”に代表されるように
モノを売るにはよくできたコピーが不可欠なのだ。

ヒット商品の即効性は魅力である一方
長期的な効果を証明する前に
一過性のブームとして消えてしまう可能性がある。
消えるのは勝手だが
残された消費者は損をする。

商売が求めているのは生徒ではない。
商売における成功とは誰かの学力向上ではない。
商売の目的は人を育てることではない。

会社組織や徒弟制度など
商売に教育的要素を組み入れるのが効果的だからと言って
教育に商売を組み入れてよいことにはならない。

商売と教育は
“混ぜるな危険”なのだ。
[PR]

by emi_blog | 2008-10-31 16:57 | 英語  

<< 語学 小学英語 >>