悔しがりや

“悔しがりや”について
考え中。



よく使われている
“恥ずかしがりや”や“寂しがりや”から類推するに
“~がりや”というのは
一般的には「別に普通じゃん?」な場面で
過敏・過剰に反応してしまうことを言うようだ。
どこかに“平均”があって
それより多いと“~がりや”に認定されるんだろうね。
だからたぶん“嬉しがりや”とか“悲しがりや”なども
いるのだろう。

“~がりや”の中でも“悔しがりやグループ”は
かなりの大所帯ではないかと思う。
比較的人気が高いのは“負けず嫌い”だろうか。
“貪欲”“理想が高い”“プライドが高い”は
文脈によるけどややマイナス寄りかな。
“ケンカっ早い”“敵対心が強い”“被害妄想”は
あんまり良い印象ではなさそうだ。

言い方はいろいろだけど
要するに悔しいことが多そうな系列の人のこと。

競争の世界では悔しがりやが重宝される。
悔しがりやの人がそちらへ進むと
大っぴらに悔しがることができる。
悔しがることが成長につながるという教えもある。

ところが心ゆくまで悔しがって
うっかり悔しさを出し切っちゃったりすると
もう悔しがれない恐れがある。
ずっと悔しがってるのも疲れるし。
また、つい勝ち続けちゃったりすると
悔しいタイミングがなくて困ってしまう。
悔しがりやのメンツにかかわる。

で、調和の世界に足を踏み入れる。
そこでは悔しさは煙たがられ
たとえ悔しくても見せないように抑えこまれる。
ストレスになりそうだね。
悔しいね。
やっぱり競争したくなるね。

悔しがりやさんは競争と離れても
負けても勝っても悔しい。
ややっこしい。

そういえば他の“~がりや”も
“~い”状況がイヤそうなことを言うわりに
わざわざ“~さ”を味わいに行ってみたり
“~い”と感じる範囲を広げたりするよなぁ。
よせばいいのに。
本当は嫌いじゃないのかな。

まぁ自由にやってもらえばいいんだけど
なんとなく体に悪そうだなと思って。
[PR]

by emi_blog | 2008-11-04 16:04 | その他 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< Election Night FAX >>