テレビ

うちにはテレビがない。
こんなとこでバレちゃうとはね。



正確に言うとテレビはあるが
接続されていない。

前のアパートはケーブルがついていたが
どうせ見る時間もないので
最初の頃はテレビを持っていなかった。
で、その後なんだかんだあって買ったんだけど
結局テレビをつけたのはほんの数回。
現アパートに引越してからは
ケーブルの契約さえしていない。
なのでテレビはただの置物になっている。

時々インターネットでニュースを見る程度で
私にはじゅうぶん。

ちなみに私はDVDも観ない。
映画やドラマがなくても全然生きていけるタイプ。
日本でいう“人気海外ドラマ”も
ハマって観たという経験がない。
そういえばせっかく買ったSATCさえ
途中までしか観ていなかった。

要するに
テレビが文化の中心ともいえるアメリカに住んで
通算4年ほど経つというのに
アメリカのテレビのことを何にも知らない。

これが思いがけなく試験に関わってきた。

コミュニケーションのクラスの最終試験。
約1分半のあるやりとりを見て
人間関係・力関係・責任・権利・対立などについて
学説を基に4つの角度から分析する。
試験は自宅で解答する“お持ち帰り”なので
映像はクラスのサイトからダウンロードして
解答中、何度でも見られるようになっている。

試験問題の説明に続いて
教室で一度映像を見ておくことになった。
この授業で扱う会話はこれまですべて
一般人の普段のやりとりだったが
今回のはドラマの一場面のようだ。

私がわかったのは「ドラマだ」ということだけ。
登場人物はMとSという男性2人だが
どっちがMでどっちがSかもわからない。
舞台はどうやら検察みたいなとこっぽいが
それ以上のことは何もわからない。
ま、予備知識がない方が
試験にはいいかもしれないけど。

クラスメートたちにとっては
ものすごく見慣れた場面らしかった。
留学生たちも馴染みがあるらしい。
どこの国でもガイジンってテレビ好きが多いんだよね。

後で調べたら日本でもかなりの人気。
日本語版も出ていることがわかった。
ふぅん。

てか、あら?
これってひょっとして父がハマってたシリーズ?
帰国したとき「珍しく夜な夜なドラマを見てるな」
と思った記憶があるぞ。
[PR]

by emi_blog | 2008-12-02 22:25 | 学業  

<< 新両親 24 hours >>