Laundry

洗濯場でのご近所づきあい。



事情がわからないと
意味がさっぱりわからないと思われる
伝わりにくいアメリカの賃貸アパートの洗濯風景。

うちのアパートは
たぶん建物一棟おきぐらいの間隔で
洗濯場が配置されている。
私の部屋からは
階段を3段ほど上がって通路を渡り
さらに3段ほど上がるだけ。
建物内の移動で徒歩1分という好立地。

洗濯機と乾燥機がそれぞれ2台ずつ置いてある。
私は洗濯時間が他の人とズレているのか
誰にも会わないことの方が多いのだが
たまに近くの建物に住んでいる人と会うことがある。

いつだかは私が洗濯物を取りに行ったら
乾燥機が空くのを待っている女性がいた。
この乾燥機には時間設定がなく
$1.25分全部を使うと乾きすぎになってしまう。
というわけでいつものように途中で止めて
残り時間をその女性に差し上げた。

ほかほかの洗濯物を抱えて部屋に戻り
ベッドの上にばさっと落としてたたんでいたら
靴下が片っぽ足りない。
乾燥機を女性に明け渡すときよく見なかったからな。

まぁ失くなってもたいしたことじゃないけど
相手ももらってもしょうがないだろうから
洗濯場に戻り乾燥機の上に
“白い靴下1コ、あったら置いといてください”と
メモを残してきた。
しばらく経って見に行ったら
靴下がきちんとたたんで置いてあった。

また別のときにはおじいちゃんがいた。
私は仕上がった洗濯物の山を抱えて
もう部屋に戻ろうとしていたのだけど
「学生さんかい?」と呼び止められた。

英語教育を勉強していると言うと
「ニューヨーク州の組合はなかなかしっかりしてるから
将来は安心だね」とおっしゃるので
いえいえ、私はニューヨーク州には就職しませんよ、と言うと
「じゃあどこへ?カリフォルニアの辺りはアジア系が多いから
やっぱりそっちかい?」とさらに誤解が。
いえいえ、私は母国へ帰ります、というと
「えええ?アメリカ人じゃないのかい?」と。

考えてみたらなぜかこの洗濯場メンバーは
私のことを「英語がじょうずだね」と言ってくれる。
他では誰にも言われないのにねぇ。

それからおじいちゃんのスペイン留学時代の話や
恩師の話、宇宙の話、家族の話、と
私は洗濯物を顔の高さまで積み上げたまま
しばらくお話相手になってみた。
おじいちゃんは只者じゃなかった。

今日はおじさんが洗濯中だった。
「今日はあったかいねぇ」で始まり
先日のストームの話題へ。
お決まりの「君はどこの出身?」から
「へぇ。英語がじょうずだからアメリカ育ちかと思ったよ」と
洗濯場だけで流行っているらしい褒め言葉をいただく。
おじさんはなぜか少し日本語を知っていて
「私ハ日本語ヲ話セマセン」と言われた。
「嘘じゃないですか」と言うと思いのほかウケた。

洗濯場の利用時間は8:30pmまで。
ギリギリだけど帰国前日なので
どうしても洗濯しておかなきゃと思って、と言うと
「うちの子は帰省するとき洗濯物を持ってきてたよ」。
てっきり息子さんの話かと思ったら
「イヤ、娘だよ。君より年上だけど」。
…実年齢は私の方が余裕で上です。
すっぴんだったからねぇ。

洗濯場、おもしろい。
[PR]

by emi_blog | 2008-12-15 20:34 | その他  

<< Luck Ice Storm >>