雑音

このアパート、大好きなんだけど
難点が。



冬場に欠かせない暖房。
その大元のあるボイラー室は
私の部屋に隣接している。

仕組みはよくわからないが
ボイラーに水の溜まる音が
壁越しにまともに聞こえてくる。
今シーズンは水量が半端じゃない。
特に今週、帰ってきてからというもの
毎日、四六時中、ひっきりなしに
じゃーじゃーじゃーじゃーいっている。

生まれてこのかた
ほぼ無音の環境にしか住んだことがないので
音に対して標準より敏感なのかもしれないが
ただでさえストレス満載の生活で
寝室・兼・勉強部屋がうるさいのは
精神衛生上よろしくない。

メンテナンスに頼めば
その度に水を止めてはくれるのだが
水が止まれば代わりにポンプの音が大きくなるので
それはそれで結構うっとおしい。
今日は何とか根本的な解決策を打ってもらうべく
オフィスへ相談に行った。

しっかり者のマネージャーNはあいかわらず話が早く
問題の内容を上司に伝えてくれることになった。
あまりにも頻繁にメンテナンスを呼ぶのも気が引ける、と言うと
「それが私たちの仕事だから気にしないで。
あなたは家賃払っているんだし」と頼もしい。
通話回数の記録も合わせて報告してくれるという。

さらに私本人から
「このままなら他へ引越すかも」と匂わせる
クレームの手紙を書くとよいというので
すぐ用意した。

ボイラーの状態が改善されない場合は
他の部屋に引越すことも考えておいたら、とのことで
最近空いたばかりだという1Bedroomを見せてもらった。

場所はオフィスのある建物の3F。
ボイラーから遠いだけでなく
最上階なので階上の足音なども一切ない。
確かに静かでよいけど広すぎ。
今のStudioだって広すぎて持て余しているのに
さらにもう一部屋なんて落ち着かないよ。

庭付きの今の部屋は景色も気に入っているし
学期が始まれば引越しするタイミングもないし。
ボイラー室が静かになってくれるのが第一希望。
[PR]

by emi_blog | 2009-01-15 11:20 | その他 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 学期前 3役 >>