ネガティブ

緊張した日ランキング暫定1位の
授業初日から2日。



登録の時点で“教室での講座”と明記している以上
Blackboardの利用は補助的に留めなければならない。
学生の負担にならないよう
ログインの頻度やPostの回数を厳しく指定せず
Blackboardは教材置き場とメールのやりとり、
教室でのディスカッションのおさらいに限定した。

つまりオンラインのディスカッションは
教室での授業が終わった後でしか開かない。

教室で予告したとおり
火曜日の夜からオープンした。
新入生も数人いるのでケアしつつ
ちょこちょこ様子を見に行く。

一日に数回ログインするのだが
毎回必ずピンが立っていて
新着が入っていることを知らせてくれる。

我ながらネガティブシンキング全開だが
この新着を開けるのがとても怖い。

「つまらない授業だった」
「なに言ってるかさっぱりわからなかった」
「履修を取り消したいです」
「どうして今年に限ってあなたなんですか」
「こういうところを直してもらわないとついていけません」

…とかそういうメールが来てるのかもしれない、と思って
ビクビクしながら開く。

予想は見事に裏切られている。
少なくとも今のところは。

ひとり立ちした意欲のある学生に恵まれたらしく
ディスカッションは大変意義のあるものになっている。
「授業中にも出てきたけど…」
「プリントを見返して考えたんだけど…」など
教室でのディスカッションをスタート地点として
それぞれが何かしら考えてくれている。

みんなすごいなぁ。
頭が下がります。

学生たちの学期初め限定のやる気だとしても
不憫な私を見るに見かねての協力体制だとしても
私の単なるビギナーズラックだとしても
とにかくありがたき幸せ。

でも次の新着こそはクレームかも。
[PR]

by emi_blog | 2009-01-29 21:35 | 仕事 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< チャンス 大雪 >>