3時間

教える立場になってわかったこと。



2週目。

2時間のオフィスアワーの間に
学生がふたり訪ねてきた。
3時間の授業の後
30分ほど発表準備の相談に乗った。

やっと車に乗り込み
エンジンがあったまるのを待つ。

いやー疲れた。

もちろんまだバリバリ緊張しているけど
理由はそれだけじゃないなと思った。

先週は説明することばかりだったので
私がしゃべっている時間が多かったが
今週からはディスカッション。
3時間の授業の間、絶えず気を張り巡らせて
学生の発言を拾う、というのは
なかなかの重労働なのだ。

思い起こせば留学生になりたての頃
集中して聞いていないとついていけなかったので
授業中はずっと耳全開だった。

いまや4年生なので
残さず拾おうなんて無茶はしない。
全部が全部、重要でもないし
細く長く保たないとポイントを聞き逃す。
ところどころ耳を閉じることもできるようになった。
同じ3時間でもさほど長く感じない。

ところが教えるとなると
立場上「あ、聞いてなかった」ってなわけにはいかない。
いくのかもしれないけど性格上しないだろうし
少なくとも今はまだ“なりたて”なので
そんな技量がない。

こんなに集中して英語ばっかり聞いてたら
英語耳ができちゃって
ある朝起きたら“英語ペラペラ”に
なっちゃうんじゃないの?
どうしましょ。
[PR]

by emi_blog | 2009-02-03 21:30 | 英語  

<< 春学期 月曜日 >>