字幕

すでに国際的に公開されているので
この字幕でいくことになってるんだろうけど。



"Papa"っていうのは、うーむ。
苦しいなぁ。
他人からも「パパさん」って呼ばれる人もいるから
固有名詞として使っても悪くはないのかな。

子どもが言っている場面なら
"Daddy"という訳にできただろうけど
奥さんだからなぁ。
ここだけ急に名前で呼ぶわけにもいかないし。
「あなた」だったら"Darling"でもよかったけど
“妻”を前面に出さない良さが消えてしまう。

“パパ”という呼びかけに
一家の長であり
頼りになる父親でいてくれたことへの
感謝がたっぷりこめられている。
もう返事をすることのない“パパ”への想いを
家族みんなで共有できる。

夫婦2人の関係を基点にしない
日本の家族のつながり方。
"Papa"では伝え切れないよねぇ。
まぁしょうがないかー。
[PR]

by emi_blog | 2009-02-24 18:45 | 英語  

<< Humiliating Whoever >>