Identity

このクラスでは
“いろんな私”が邪魔をする。



いまやどちらも主専攻となった
教育とコミュニケーション。
後から追加した方に偏っているのは当然のことで
私自身は完全に“コミュニケーション派”。
でも周りは“教育派”と思っているし
実際そういう立場でもある。
が、“言語派”では決してない。

アドバイザーのK教授や姉弟子たち“言語派”と
意見の対立する“コミュニケーション派”のS教授。
私はS教授の言っていることの方が
すんなり理解できる。
なのでゼミ生で集まったときに私が感じる違和感を
S教授が代弁してくれているように思うことが多々ある。

では、あるのだけど。

アドバイザーを敵に回すのは得策でないということを
今は知っている。
そうは言ってもイエスマンにはなれないので
反対意見を出さなければならないところもある。
エネルギー的にも効果の面でも
反対する頻度は最小限に抑えることが重要。
少なくとも当分はこうするのがいちばん良いのだ、と
言い聞かせている。

ついでに
このクラスには私のクラスの学生が数名混ざっている。
これはなるべく考えないようにしているが
まったく考えないわけにもいかない。
教える人として
なるべく無色・中立でいたいという気持ちがあるので
つい慎重になってしまい
今までのクラスほど自由に発言ができていない。

さらにややこしいことに
今日はネイティブVS非ネイティブの話になった。
私はK教授がこのdichotomyを持ち出すのが大の苦手。
当事者として聞くと不満が生じて反論したくなるので
言語教育関係者の一般的な考え方として
聞き流すようにしている。

案の定、“言語派”が援護射撃する。
これも私を不機嫌にさせるのだが意識的にスルーする。

そこへS教授が「待った」をかけ自論を展開した。
うん、わかる。すごくわかる。
するとK教授と“言語派”が猛反論する。
「S教授は非ネイティブのことがわかってない」なんて
失礼千万なことを言う。

私は非ネイティブ。K教授の弟子。
“言語派”が同一視している“教育派”の一員。
その立場でS教授に大いに賛同したい。
アイデンティティの交錯とはこういうことだな。

でも、飲み込んだ。
最終的にはS教授がオトナなまとめをして
“言語派”に花を持たせた。

若気の至りで
“過大な正義感”を振りかざしていた時代はもう過ぎた。
これでいいのだ、と本心から思う。
いいのではあるのだけど
「くっだらねぇことするようになっちまったなぁ」と
思うところもまだ少し残っている。
[PR]

by emi_blog | 2009-03-18 21:07 | 学業 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< バツイチ Midterm >>